仕事

仕事が忙しくて疲れた人のための3つの解消法

  • 「毎日、仕事の作業量が多すぎてすごく疲れる・・・」
  • 「仕事のことが気になって家でも考えてしまう」
  • 「仕事の疲れが中々取れない」

このような悩みを持っている方に、読んでもらいたい内容となっています。

どんな仕事であっても必ず疲れは出ます。

大切なのは、その疲れが出ないように工夫したり疲れを取る方法を知っておくことです。

この記事では、仕事で疲れた人のための3つの解消法を紹介しています。

どれもすぐに実践出来る内容となっていますので、読み終えたら是非試してみてください。

スポンサードサーチ

無駄なことで意志力(体力)を使わない

ウィルパワーという言葉をみなさんはご存知でしょうか?

これは心理学用語で意志力を表す言葉です。

  • 今日の朝食は何を食べるかで迷う
  • 何の服を着て行くか悩む
  • 何時に家を出れば職場に間に合うか考える
  • 何の仕事から手を付けるか考える

こんな些細なことでもウィルパワーは消耗していきます。

そしてウィルパワーの容量が減ってくると、疲れを感じやすくなったり、集中力が低下してミスをしやすくなります。

みなさんが疲れている理由のひとつは、このウィルパワーが原因だと思ってください。

体力的な疲れもあるとは思いますが、現代人が抱えている疲れの多くの原因はこの意志力が低下したことによる脳の疲れが原因なのです。

可能な限り日々の行動を習慣化して、ウィルパワーの消費を防ごう!

先ほども言ったようにほんの些細な意思決定でもウィルパワーの容量は減っていきます。

それが積み重なった結果、疲れを感じやすくなるとも説明しました。

したがって、意思決定を行わずに行動出来るように日々の行動を習慣化しましょう。

例えばFacebook創業者であるマーク・ザッカーバーグは毎日同じTシャツを着ています。

理由は前述しているように、日々の行動を習慣化することで意思決定の機会を減らして、ウィルパワーの容量が減るのを防いでいるからです。

ほんの少しの変化ですが、これを積み重ねていくことで仕事のパフォーマンスも上がりますし、疲れを減らすことにも繋がります。

ウィルパワーについての解説や仕事の疲れを取る方法は、メンタリストDaiGoさんが出している「自分を操る超集中力」で詳しく紹介されています。

興味がある方は是非読んでください。

没頭できる趣味を見つける

仕事で疲れて、家に帰ってから何もする気が起きないという人は没頭できる趣味を見つけましょう!

趣味を見つけても、疲れは取れないだろと思われるかもしれません。

しかし、趣味を見つけることは人生の幸福感を高め、疲れを忘れさせてくれます。

例えば

  • 溜まった漫画を読んでいたら3時間以上経っていた
  • ドラマを見返していたら3時間以上経っていた

など、自分が好きなことをしていたら、楽しくて時間があっという間に過ぎていたという経験はありませんか?

そのような時は多少疲れがあったとしても、疲れを意識することはないはずです。

没頭できる趣味を見つけることは、仕事の疲れを忘れさせてくれるだけなく、趣味自体の満足感も得られます。

もし、あなたが日々の生活に退屈しているなら没頭できる趣味を見つけてください。

大好きな趣味が出来れば、日々の仕事も頑張ろうという気も自然と湧いてきます。

質の良い睡眠を適正時間取る

f:id:onunumex:20181011232516j:plain

疲れた体を回復させる一番の方法はやはり睡眠です。

質の良い睡眠を自分に合った時間取って、疲れを次の日に持ち越さないようにしましょう。

自分がどれだけ睡眠時間が必要なのか分からない場合は、1週間ほど睡眠時間と日々の生活でどんな時に眠気を感じたのか記録してください。

日中の眠気が耐えられるか耐えれないかギリギリの度合いだった場合、睡眠時間が足りていないと判断してください。

人間の体は都合よくは出来ていないので、ちょっとした眠気はよくあることです。

したがって、お昼ごはんを取った後の午後によく眠気を感じる方は、どれくらいの眠気だったのかも記録してください。

ちなみに起きてから4時間以内に眠気を感じる場合は、睡眠時間が足りていない可能性がとても高いです。

夜の睡眠時間を多くとるようにするか、難しい場合は20分以下の昼寝を取るようにしてください。

寝る前の行動で睡眠の質がグンと上がる!

睡眠の質を上げるには寝る前の行動がとても大事です。

重要なポイントをまとめておきますので参考にしてください。

  • 寝る1時間前からスマホやPCの画面を見ないようにする
  • 寝る1時間前に40度くらいのお風呂に入る
  • 寝る3時間前には食事を済ませておく
  • 寝る1時間前からは水分を取らないようにする

もちろん全て守る必要はありません。

特にスマホやPCを寝る1時間前から使わないなど、現代人にとってはかなりきついことだと思います。

ですので、可能な範囲で試してみてください。

大事なのは、今までの生活に変化をつけること。

今まで寝る直前までスマホを使っていたなら、寝る10分前にはスマホを見るのをやめて読書などをしてみてはいかがでしょうか。

今までシャワーだけで済ませていたなら、ゆっくりお風呂に浸かってみてください。

ちょっとした変化の積み重ねが、あなたの睡眠の質を上げてくれます。

まとめ:出来る範囲のことから始めてみよう!

ここまで

  • 無駄なことで意志力を使わない
  • 没頭できる趣味を見つける
  • 質の良い睡眠を適正時間取る

について解説してきました。

全部やろうとしなくて構いません。

自分でこれなら出来そうだなと思うところから始めてみてください。

大切なのは現状を変えようと行動すること。

行動しなければ現状は何も変わらないですからね。