仕事

仕事のミスで落ち込む必要はない【効果的な対処法あり】

仕事でミスをしてしまったら落ち込みますよね。

上司が自分のミスに対してどう思ってるんだろうとか、何でミスをしてしまったんだろうと一日中思い悩むこともあるかもしれません。

ですが、このように思い悩む必要は一切ありません。

その根拠をこの記事で解説していこうと思います。

スポンサードサーチ

仕事でミスをしても落ち込む必要はない

仕事でミスをしたとしても、落ち込む必要はありません。

なぜなら「失敗は誰にでもある」からです。

どんなに優秀な人でも失敗する時は失敗します。

とはいえ、落ち込む必要はないと言われても、心が勝手に落ち込むことだってあります。

単純な軽いミスでも、性格が真面目で責任感の強い人ならひとつのミスでずっと落ち込むことだってあるでしょう。

ミスを気にしてるのは自分だけである

仕事でミスをしてしまったら周りの目が気になるかもしれません。

しかし、仕事上の失敗をずっと気にしているのは自分だけです。

と言うのも、他の人には他の生活があり、他人のミスをいつまでも気にしてるほど暇ではないからです。

相手の立場になって考えると分かりやすいと思います。

他の社員が何かしらのミスをした現場をあなたが目撃したとして、そのことを1日中考えますか?

考えませんよね。

おそらく、その時だけ「あ~ミスしてるなぁ」とか考えるだけで、数分経ったら忘れてるはずです。

やらなければならない仕事があるはずですから、そっちに意識が向けば他人のミスなんてすぐ忘れます。

したがって、仕事のミスを気にして落ち込むのは今日限りでやめましょう。

なぜ失敗したのか考えてみる

仕事でミスをしてしまったら、なぜミスをしてしまったのか考える癖をつけましょう。

この「なぜ」が解決出来たら、同じミスを繰り返さないように対策を打つことが出来ます。

例えば、慣れない電話対応で相手先の電話番号を聞き忘れたとします。

なぜ電話番号を聞き忘れたのか考えると、用件をメモするのに必死で電話番号を聞き忘れたのが原因だったとします。

それなら、「要件をメモするのに必死な状況」でも電話番号をしっかり確認するにはどうすればいいのか考えます。

結論としては、「付箋に電話番号を確認する」と書いておき、受話器に貼り付け電話対応する際は必ず付箋を見ながら対応するです。

こうしておけば、毎日電話対応する際に必ず目に入るので、忘れずに聞くことが出来ます。

ちなみに私の経験談です笑

大切なのは同じミスを繰り返さないようにすること

先ほども言いましたが、失敗は誰にでもあることです。

重要なのは、ミスをしたことではなく、同じミスを繰り返さないようにするにはどうすればいいのか考え対策することです。

同じミスをしないようにする具体的な方法をご紹介します。

  1. なぜミスをしたのか
    用件をメモするのに必死で電話番号を聞き忘れた
  2. どうすればミスをせずに済んだのか
    用件をメモするのに必死な状況でも電話番号を聞き忘れないように、付箋に「電話番号を聞く」と書いておき受話器に貼り付けておく

この2つが分かれば、同じミスを繰り返さないように対策することが出来ます。

ポイントとしては、「なぜ」の部分を出来るだけ明確にすることです。

なぜミスをしたのかが明確になればなるほど、具体的な対策を講じやすくなります。

基本的にこの方法を試して頂ければ、ミスの数を大幅に減らすことが出来ます。

睡眠をしっかり取って自分の力を最大限出せる状態にしておく

ベッド

睡眠は思った以上に重要で、睡眠不足の状態だとミスを犯しやすくなります。

アメリカの高速道路交通安全局が調査した結果では、睡眠時間が2時間足りないだけで自動車事故のリスクが2倍になるという報告があります。

いつも運転していて慣れてる人でも、睡眠不足が原因で事故を引き起こす可能性が上がるのです。

仕事でも同じことが言えます。

睡眠不足の状態では、100%の力を発揮することが出来ないので必然的に仕事でのミスも増えます。

したがって、日々の睡眠はしっかり取るようにしましょう。

睡眠がちゃんと取れていれば、仕事のパフォーマンスが上がりミスの数も減ります。

仕事中に来る眠気の対策方法

睡眠
仕事中にくる眠気の対策方法を分かりやすく解説します 「仕事中に来る眠気をなんとかしたい」 「睡眠の質を上げたい」 こういった方の悩みを解決します。 私も以...

仕事のことばかり考えてしまってなかなか寝付けない方向けに、すんなり眠れるようになる睡眠法を紹介しています。

興味のある方は是非読んでください。

まとめ:他人の目は気にしないで同じミスをしないように対策を打つ

仕事でのミスは誰にでもあることです。

そして、ミスを気にしてるのは自分だけという話もしました。

なので、他人の目は気にせず、同じミスを出来る限り減らせるように努力しましょう。

努力する過程で人は成長しますし、努力し続けると必ず結果も出てきます。

大切なのは、しっかり仕事と向き合うことだと私は思います。