書評

【書評】ひろゆき著作「無敵の思考」を読んだ感想

ひろゆき 無敵の思考

ひろゆきさんが、普段どういった考えで生活しているのか気になったので購入しました。

結論から言うと「誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21とタイトルに入れてるだけあって、人生を楽に生きる具体的な方法がたくさんあったので、その中で特に気になった方法をご紹介したいと思います。

もっと楽に生きたい、得する人になりたいと考えている方には、是非おすすめしたい本です。

スポンサードサーチ

ひろゆきってどんな人?

ひろゆきさんのことを知らない方のために、ご紹介します。

ほとんどの方は知ってると思いますが…

1976年、神奈川県生まれ。東京都に移住し、中央大学へと進学。在学中に、アメリカのアーカンソー州に留学。1999年にインターネットの匿名掲示板「2ちゃんねる」を開設し、管理人になる。東京プラス株式会社代表取締役、有限会社未来検索ブラジル取締役など、多くの企業に携わり、企画立案やサービス運営、プログラマーとしても活躍する。2005年に株式会社ニワンゴ 取締役管理人に就任。2006年、アップロードされた動画にコメントをつける機能を持ったサービス「ニコニコ動画」を開始し、大反響を呼ぶ。2009年「2ちゃんねる」の譲渡を発表。2015年に英語圏最大の匿名掲示板「4chan」の管理人に。主な著書に『僕が2ちゃんねるを捨てた理由』(扶桑社新書)、堀江貴文氏との共著に『ホリエモン×ひろゆき やっぱりヘンだよね』(集英社)などがある。
無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21

ひろゆきこと、西村博之さんとは2ちゃんねるやニコニコ動画などで有名な方ですが、テレビ番組で相手のことを煽ったり、論破することでもよく知られています。

ひろゆき 論破」で検索すると、たくさんヒットすると思うので、興味がある方は見られると良いと思います。

最近出した「論破力」という本では、Amazonベストセラー1位・ジュンク堂書店池袋本店、新書ランキング2位を獲得しています(2018年10月12日発売)。

「無敵の思考」で気になった内容を厳選して紹介

この本の内容で私が気になった、これは使えると思った思考法を厳選して紹介します。

大前提として「ルールを作ることで、人生を楽に生きれる」という考え方があるので、まずはそこから紹介したいと思います。

「ルール」が人生を100倍ラクにする

私たちは普段の生活で、ありとあらゆることを決断しています。

  • 今日は何の服を着るか
  • 食事は何を食べるか
  • 何の仕事から手を付けるか
  • 何時に取引先に行くか
  • この仕事をどう片付けるべきか

言い出したらキリがありません。

諸説ありますが、人間は1日に約9000回も物事を決断しています。

そして、1回1回の決断でエネルギーを消費していくので、これだけの物事を決断することは相当なエネルギーを消費するのです。

なので僕は、自分で払うときは一番安い料理を見つけて、それでよさそうだったらそれを、それがイヤだったら2番目に安いものを探すという感じで、機械的に決めています。つまり、選択肢を無意識に減らす生活をしています。

このようにひろゆきさんは、日々の生活の中で選択肢を出来る限り減らし、決定疲れを起こさないような生活を送っています。

例えば、サラリーマンの方は平日服を選ぶのに迷ったりしませんよね?

スーツを5着も6着も持っている方はあまりいないと思うので、毎日決まったスーツがあるのであれば、わざわざ「どれを着ようかな」と迷ってから決断するということはないはずです。

逆に休日なんかは、私服の種類がある程度あると思うので、「どれを着ようかな」と迷ってしまい、どの服を着るのか決断しなければならないので、エネルギーを消費してしまうのです。

ですから、人生において自分で「ルール」を作るということは、決断の回数を減らすことに繋がり、人生をラクに生きれるようになります。

この考え方が、「無敵の思考」の大枠となっています。

「努力しないための努力」をする

「いかに努力をせずに楽出来るか」、について考える努力をするということです。

これに関しては、本当に重要なことだと感じました。

というのも、今の時代効率の良い勉強法や質の良い睡眠のとり方など、ネットで調べたり本を買えば、すぐに手に入る時代です。

自分で効率の良い勉強法を考えるよりも、科学的に実証された方法を試す方が、より早く楽に成果を出せる訳です。

出来るだけ楽をするために努力をするという考え方は、すごく面白い発想だと感じました。

今まで「努力=しんどいこと」という発想しか無かったので、この思考法は是非試すべきだと思います。

この章で取り上げられている話は、とても面白かったので興味のある方は是非実際に読んで見てください。

消費者は一生、幸せになれない

「はじめに」でも述べたように、楽しさや幸せを、「お金を使うことで感じる人」は、一生幸せになれません。それは、幸せを感じ続けるためにお金を使い続けなくてはいけないので、アラブの石油王であれば別ですが、多くの人には限界があるからです。

お金を使って楽しさや幸せを実感する方法だけなく、クリエイターとしてモノづくりで楽しさを実感出来るようになれば、もちろんコストはかかりますが消費者よりも低コストで人生をより楽しめるようになります。

なぜなら、消費者である限りお金を使い続けなければ、幸福感を味わうことが出来ないですからね。

クリエイターとしての楽しさを見つけることが出来れば、お金をかけずに人生を楽しめる訳です。

そして、その技術が高まり専業として稼げるようになれば、さらに人生の幸福度は上がると思います。

もちろん、趣味程度に楽しむだけでも全然大丈夫です。

重要なのはお金をかけずに人生を楽しむ方法を持っておくことです。

「無敵の思考」を読んだ感想

私は元々ひろゆきさんのファンだったのでこの本を購入したのですが、本当に買って良かったと思える本でした。

章によっては「普通の人はそれ出来ないだろ…」と思うような方法もあったのですが、全体的に使えるテクニックが多かったと読んでいて感じました。

ここで紹介した思考法はほんとにおすすめ出来る方法だと思うので、気になった方は是非試しましょう。

そして、この本に興味を持たれた方は是非読んでみてください。