Amazon

Kindleのメリットとデメリットをまとめてみた!読書好きなら買う価値はあります。

Kindle メリットとデメリット

Kindleを使用するメリットって何だろ…

と考えている方のために、Kindleを使用するメリットとデメリットをまとめました。

電子書籍化が進んできて、Kindleもかなり普及してきましたが、Kindleにもデメリットは存在します。

その辺も包み隠さずに話していこうと思います。

スポンサードサーチ

Kindleを購入するメリット

ひとつの端末で全ての本を管理出来る

購入した全ての本をひとつの端末で読むことが出来ます。

これの何が良いのかというと

  1. 本棚を買う必要がなくなる
  2. 外出先でも好きな本が読める
  3. 本を無くす心配がなくなる

の3つが挙げられます。

外出先でも、持っている全ての本の中から、好きな本を選んで読むことが出来るのは嬉しいですね。

注文後すぐ読める

これが電子書籍の良いところで、読みたいと思った本はすぐに読めます。

紙の本をネットで注文すると数日は掛かりますからね。

もちろん書店で買えば紙の本でもすぐ読むことは出来ます。

ですが、家から出る必要もなく本を購入出来て、すぐ読むことが出来るのは、電子書籍だけでしょう。

書店が閉まっている時間帯でも、本が買えるのもメリットのひとつです。

kindleはキャンペーンでお得に本が買える

Kindle メリット

御覧の通り、紙の本よりもKindle版の方が安いです。

Kindle版は頻繁にセールやキャンペーンを行っているので、かなりお得に本が買えます。

端末を買うのに多少値段はかかりますが、これからもずっと利用するのであれば、将来的にはKindleの方がコスト削減になるでしょう。

Amazonプライム入会でさらにお得に

Amazonプライムに入会すると、対象商品がお急ぎ便無料になったり、映画やドラマが見放題のプライム・ビデオなどの様々な特典付いてきます。

そしてKindleを利用する人にも特典が用意されています。

対象タイトルの中から、毎月1冊無料でお好きな本を読むことが出来るようになります。

無期限なので一度選んだ本は、いつまででも読むことが出来るのでかなりお得です。

ちなみに月額プランで400円(税込)、年間プランで3900円(税込)の価格設定となっています。

Prime Readingで本が読み放題

Kindle Unlimited(月額980円の読み放題サービス)のタイトルの中から、数百冊(本・マンガ・雑誌)の本を追加料金なしで読むことが出来ます。

これがPrime Readingのサービス内容です。

数百冊しかないので、本の数が物足りたいと感じるかもしれません。

しかし、プライム会員(月額400円)になった時の特典として、無料で利用できるサービスなので、プライム会員であれば積極的に利用しましょう。

新しい本の追加や削除も頻繁に行っているので、Kindleユーザーにとってはかなりうれしいサービスです。

Amazonプライム無料体験を試してみる

Kindleを利用するデメリット

初期投資がかかる

紙の本ならば本を購入するだけで済みますが、Kindleを利用するならまず端末を購入しなければなりません。

Kindleには様々な機種がありますが、人気なのは

の3機種となっています。

これらの金額が高いと感じるのかは人それぞれですが、初期投資がかかってしまう事実は変わりません。

電子書籍化されていないと読めない

当たり前ですが、電子書籍化されていないものは読めません。

読みたいと思った本が、電子書籍化されていないと、紙の本を買わなければならないので、Kindleの出番がありません。

ですので、Kindleの購入を検討されているなら、今自分が読みたいと思っている本が電子書籍化されているのか、一度確認しておいた方がいいでしょう。

メジャーな本は大抵Kindle版が出ていますが、マイナーな本だと紙の本しか出ていないケースもあり得ます。

カラー対応していない

実はKindleはカラー対応していないので、白黒表示しか出来ません。

普通の小説やビジネス本を読むには問題ないですが、マンガの表紙なども白黒で表示されるので、物足りないと感じることもあります。

カラー表記でないと分かりづらい本などもあるでしょう。

「電子書籍は利用したいけどカラーで読みたい」と考えている方は、Amazonが出しているfireタブレットがおすすめです。

タブレットなので電子書籍を読むだけでなく、音楽や動画なども楽しむことが出来ます。

Fireタブレットにもいろいろ種類はありますが、コスパが良くて一番おすすめなのは「Fire HD 8」のタブレットです。

充電切れだと使えない

これも電子書籍ならではの悩みですね。

紙の本ではあり得ない話です。

ですが、Kindleは1日30分の使用で数週間バッテリーが持つ仕様になっているので、使い終わった後に充電する癖を付けていれば問題ないでしょう。

あまりにも早く充電すると、バッテリーの持ちが悪くなる原因にもなるので、ある程度バッテリーが減った状態での充電をおすすめします。

まとめ:読書好きなら買う価値あり

ここまでの内容をまとめます。

メリット

  • ひとつの端末で全ての本を管理出来る
  • 注文後すぐ読める
  • kindleはキャンペーンでお得に本が買える
  • Amazonプライム入会でさらにお得に
  • Prime Readingで本が読み放題
    Amazonプライム無料体験を試してみる

デメリット

  • 初期投資がかかる
  • 電子書籍化されていないと読めない
  • カラー対応していない
    Fire HD 8 タブレットがおすすめ!
  • 充電切れだと使えない

Kindleを利用する最大のメリットは、サービスが豊富で本を安く購入できることだと思います。

月に数冊~数十冊は絶対本を読むという方は、Kindleを利用した方がお得に本が買えるのでおすすめです。

Kindleにはいろんな機種があるのですが、コスパが良くて一番のおすすめは「Kindle Paperwhite」です。

あまりKindleについて詳しくないという方は、下記の記事を読んでください。

Kindle3機種の性能を詳しく解説しています。

【2019年版】kindle3機種を徹底比較!それぞれの違いや注意すべきポイントも解説します。「Kindle端末の購入を検討しているけど、どの機種が一番良いのか分からない…」 という方向けに、各Kindleの性能を分かりやす...