Amazon

Amazonの「注文履歴・閲覧履歴」を削除する方法

amazon 注文履歴 削除

Amazonの「注文履歴閲覧履歴」を削除・非表示にする方法をまとめました。

スポンサードサーチ

注文履歴を削除するたったひとつの方法

2018年12月28日現在、Amazonで注文履歴を削除するには、アカウントを削除する方法しかありません。

今後も「注文履歴を削除出来る仕様」に変わることは、おそらくないでしょう。

ですが、それだと困りますよね。

一応Amazonでは、注文履歴を非表示にする方法はあります。

そのやり方をご説明します。

注文履歴を非表示にする方法

注文履歴を非表示にするやり方は、とてもシンプルです。

  1. 注文履歴ページにアクセス
  2. ログインする
  3. 非表示にしたい商品を見つける
  4. 「注文を非表示にする」を選択

4つのステップで簡単に行うことが出来ます。

注文履歴ページにアクセス

まずは注文履歴ページにアクセスします。

ログインする

ログアウト状態だった場合、ログイン画面が出てくるのでサインインします。

amazon 注文履歴 削除

非表示にしたい商品を見つける

amazon 注文履歴 削除

初期状態では、過去6か月間で購入された商品の一覧が表示されています。

もっと遡りたい場合は、期間を変更しましょう。

非表示にしたい商品の名前が分かっている場合は、検索バーを利用するとスムーズに消したい商品を見つけることが出来ます。

「注文を非表示にする」を選択

非表示にしたい商品が見つかったら、「注文を非表示にする」を選択してください。

確認画面が表示されるので、再度「注文を非表示にする」を押せば完了です。

非表示にした商品は確認できる

残念ながら非表示にするだけなので、消えた訳ではありません。

確認する方法はありますし、後から注文履歴一覧に再度表示させることも出来ます。

非表示にした注文履歴を確認する方法

アカウントサービスにアクセスします。

amazon 注文履歴 非表示

非表示にした注文の表示」にアクセスすると、確認することが出来ます。

注文履歴一覧に再度表示させる方法

先ほどのやり方で、「アカウントサービス」から「非表示にした注文の表示」にアクセスします。

amazon 注文履歴 非表示

注文履歴一覧に再度表示させたい場合は、「注文を表示する」を選択すると出来ます。

閲覧履歴を削除する方法

まずは表示履歴にアクセスします。

amazon 閲覧履歴 削除

これまでに閲覧した履歴が表示されるので、個別に削除したい場合は「削除」ボタンからします。

全部削除したい方は、「履歴を管理」を選択してください。

amazon 閲覧履歴 削除

ドロップダウンメニューが表示されるので、「すべての項目を削除」を選択すれば一気に削除することが出来ます。

閲覧履歴の表示・非表示もここから出来るようになっているので、表示させたくない場合はオフに設定しておきましょう。

Amazonの複数アカウント所有は規約違反?

購入履歴が消せないなら、現在使っているアカウントを削除して、新規アカウントを作ろうと考えた方もいると思います。

そこで気になるのが、2つ以上のアカウントを持つことは規約違反なのかということ。

結論から言うと、購入用アカウントであれば問題なく作れます。

出品者と購入者では規約が異なります。

普通の買い物だけに使用するアカウントであれば、複数のアカウントを所持しても規約違反にはなりません。

もちろん登録する名前も、同一の名前で問題ありません。

注文履歴を他人に見られたくない方は、自分専用のアカウントを作っておくことをおすすめします。